オーダーカーテン通販 デコアイデア Deco ideas

防音・遮音カーテン
全商品60%~70%OFF!
有名メーカーカーテンの中から厳選して、激安通販価格でご紹介しています。
外の騒音や室内からの音もれが気になるお部屋にカーテンの生地裏面に樹脂コーティングをすることで特に高音域の遮断を効果的にし、室内外への遮音効果を高めたカーテンです。

サウンドガードⅢは通常の市販されている遮音カーテンとは防音効果がまったく違います。 特殊配合のラミネート加工により、高い遮音性とやわらかい風合いを両立した防音カーテンです。
防音カーテン スミノエ サウンドガードⅢ

生地巾 100cm
18,000円/m2
18,000円/m
タテリピート 0cm
ヨコリピート 0cm
組成:ポリエステル100%
塩ビラミネート加工

  • 防炎
  • 遮光1級
  • 防音
D-3452

表面

裏面
●音響透過損失測定試験結果
これらの性能は試験に基づく試験値であり、性能を保証するものではありません。
スミノエ サウンドガードⅢ使用時の遮音効果
騒音の種類 遮音効果
救急車のサイレン音 かなり小さく感じる
踏切(遮断機)音 非常に小さく感じる
新幹線走行音 非常に小さく感じる
ピアノの音 非常に小さく感じる
ジェット機の音 非常に小さく感じる

防音性能は防音材の質量に比例し、高い周波数ほど透過損失が大きくなります。
「サウンドガードⅢ」の質量は1.2Kg/m2と重いため、優れた遮音性能を発揮します。

  • 防音機能を高めるため、【片開き】をおすすめします。
  • 天井付け・Aフック仕様です。(正面付け・Bフック仕様はできません。)
  • 一般カーテンと風合い・縫製仕様とも異なりますので、内容をご確認ください。
  • 一般のカーテンに比べて生地がかなり厚く特殊仕様のため縫い目が目立ちますが防音性能が優先の為ご了承ください。
  • 防音素材としてではなく、防音補助材としての用途に限定してください。
遮音性能はカーテンの吊り方が大きく影響します。 裾・脇も隙間を作らないよう開口部いっぱいに取り付けてください。 サウンドガード縫製SG3には遮音性能を高めるため、 本体の上下に取り外しできる隙間隠しの共生地がオプションでついた仕様になっています。 「サウンドガードⅢ」は一般のカーテンに比べ、開閉の頻度の少ない所にご使用ください。 カーテンは片開き、レール窓枠の内付けをおすすめします。
(参考) 仕上巾190cm×仕上丈200cm サウンドガード縫製SG3 1倍ヒダ 片開き  定価 142,560円(税込) 販売価格 55,598円(税込)
     仕上巾190cm×仕上丈200cm サウンドガード縫製SG2 1倍ヒダ 片開き  定価 133,650円(税込) 販売価格 52,123円(税込)

遮音カーテンは遮音効果がありますが、音を完全に遮断するものではありません。カーテンでの遮音性能は使用環境や取り付けの状況によっても大きく異なります。カーテンボックスやバランスを使用し、両端をリターン式にすることでより高い遮音効果が得られます。

より良い室内環境で映像や音響を楽しむことの一つに、”余計な音を入れない・出さない”ことが挙げられます。
屋外の音は、純粋に室内での映像や音を楽しむには大きな妨げになり、また室内での音もれは他の空間への配慮からも、気軽に楽しむには気になってしまう要素にもなります。

遮音効果
  • 生地裏面に樹脂コーティングをすることで特に高音域の遮断を効果的にし、室内外への遮音効果を高めたカーテンです。
遮光効果
  • 3層構造(樹脂コーティング)による加工なので生地からの光もれが通常の織物カーテンに比べて少ないです。遮音カーテンは全て遮光1級です。
遮熱効果
  • 樹脂層厚があるため、太陽光などによる室内温度上昇を抑えることができます。 カーテンを使用しない場合と比べて約40%前後・未加工品(樹脂加工しない場合)と比べ、約15%前後(時間)の遮熱効果があります。
透過損失と感覚
透過損失 音のエネルギー 感覚
5dB 1/3に減少 静かになったと感じる
10dB 1/10に減少 音がほぼ半減して聞こえる
15dB 1/30に減少 かなり小さく感じる
20dB 1/100に減少 非常に小さく感じる

透過損失とは、ある材料で音を遮った時どれくらい音が低下するかという目安です。
値が大きいほど遮音性能があるといえます。

参考音圧(dB)
環境 音圧(dB) 感覚
静か ~20 ささやき
~30 郊外の深夜
日常生活で
望ましい
~40 静かな住宅の昼
~50 静かな事務所
うるさい ~60 普通の会話
~70 騒々しい事務所
極めて
うるさい
~80 騒々しい街頭
地下鉄の車内
~90 騒々しい工場の中
音の大きさは、音との距離や音の周波数によって感じ方が違ってきます。
参考周波数(Hz)
周波数(Hz) 参考例
125 一般男性の声
250 一般女性の声
440 時報(ピッピッ)
880 時報(ポーン)
1000 救急車などのサイレン音
2000 踏切(遮断機)音
4000 ピアノ(高音)
8000 ジェット機