オーダーカーテン通販 デコアイデア Deco ideas

カーテンサイズの測り方

すでにカーテンレールが取付けてあり、カーテンのみご購入の場合です。

STEP1 巾の測り方 カーテンレールの長さを測って下さい。

注:測ったサイズをそのまま入力してください。 仕上りサイズはこちらで計算いたします。
(両開きでもレールの全長を測ってください)

一般レール 装飾レール
左キャップのリング~右キャップのリングまで測ってください。 左キャップの根元~右キャップの根元まで測ってください。

仕上りサイズはどうなるの?

STEP2 高さの測り方 カーテンレールのランナー(カーテンをかける穴=カン下)から測って下さい

注:測ったサイズをそのまま入力してください。 仕上りサイズはこちらで計算いたします。

掃出し窓 腰窓
カーテンレールのカン下から床まで測ってください。 カーテンレールのカン下から窓枠下約12~15cmの所まで測ってください。
カウンター等があたる場合はカウンターの上まで測ってください。

カーテンBOXの測り方

STEP1 巾の測り方カーテンBOXの中のカーテンレールの長さを測って下さい。

注:測ったサイズをそのまま入力してください。 仕上りサイズはこちらで計算いたします。

掃出し窓 腰窓

STEP2 高さの測り方 カーテンBOXの中のカーテンレールのカン下から測って下さい。

注:測ったサイズをそのまま入力してください(ミリ単位は切り捨ててください) 仕上りサイズはこちらで計算いたします。

掃出し窓 腰窓
カーテンBOXの中のカーテンレールのカン下から床まで測ってください。 カーテンBOXの中のカーテンレールのカン下から窓枠下約12~15cmの所まで測ってください。
カウンター等があたる場合はカウンターの上まで測ってください。

カーテンの仕上りサイズについて

※仕上りサイズは、こちらで計算しますので、お客様は計算する必要はございません。

カーテンの仕上りサイズ

カーテンの仕上り巾は、カーテンの両端のフックからフックまでの巾です。 カーテンの仕上り丈は、カーテンの 一番上から一番下までの長さです。

カーテンの仕上り巾

レール巾に対して 2%~3% のゆとりを持たせて縫製をいたします。
※ フラット縫製の場合は、レール巾に対して20%のゆとりを持たせます。
ゆとりを持たせ過ぎるとカーテンを掛けた時にダブつきが生じます。
(例)巾 180cm の場合

  • カーテンの仕上り巾 = 180cm × 1.02 = 183.6(切り上げ) = 184cm となります。
  • 両開きの場合 ・・・ 仕上巾=92cm×2枚
  • 片開きの場合 ・・・ 仕上巾=184cm×1枚

カーテンの仕上り丈は「フックの種類」と「カーテン取付位置」によって違います。

「シングルレールに取付」「ダブルレールの手前側に取付」は、床との隙間が 1cm になるように計算し縫製します。
床との隙間は1cm+カン下サイズのミリ単位で切捨てた値となります。

「ダブル付けの場合の窓側のレースは、隙間が 2cm になるように計算し縫製します。
床との隙間は2cm+カン下サイズのミリ単位で切捨てた値となります。

カーテンの仕上り丈 =
 カン下サイズ - 隙間 + 1cm
カーテンの仕上り丈 =
 カン下サイズ - 隙間 + 4cm
カーテンの仕上り丈 =
 カン下サイズ - 隙間 + 3cm

(例)カン下の実測 201.5cm Bフック使用 「ダブルレールの手前側に取付」の場合

  • カン下の実測が、201.5cm なので、0.5cmは切り捨てて、カン下サイズが 201cm となります。
  • カーテンの仕上り丈 = 201cm - 1cm(隙間) + 4cm(Bフック) = 204cm となります。
  • 床との隙間 = 1cm + 0.5cm = 1.5cm となります。

カーテンのフックの種類

フックとはカーテンをカーテンレールに掛けるのに必要なプラスチック製の部品のことです。

一般レールは、カーテンを閉めた状態でレールを隠すようにするのでBフック。
装飾レールは、カーテンを閉めた状態でレールを見せるようにするのでAフックを使用します。
天井付けの場合、カーテンが天井に当たらないようにし、またカーテンを閉めた状態でレールを隠すようにするのでアジャストBフックを使用します。

●一般レールのシングル付
正面付
天井付 BOX付
●一般レールのダブル付
正面付
天井付 BOX付
●装飾レールのシングル付
●装飾レールのダブル付

一般レールとのダブル付、段差があるタイプ
  • アジャストBフックについて
    一般レールを天井付けして使用する場合 (出窓の中の天井や窓枠の内側など)
    Aフックを使用するとカーテンレールが見えてしまいます。
    Bフックを使用すると天井にあたります。
    カーテンを閉めた状態でカーテンレールが見えないようにする為にBフックを調整して使用します。

デコアイデアのフックは全てアジャストフックを使用していますので、多少の高さの調整はできますが、上記Aフック・Bフック・アジャストBフックの基準での取付をおすすめします。